ベルリンの実際のコワーキングスペース事情

 

 

 

 ベルリンの実際のコワーキングスペース事情

 

 

bistream 南萌子

 

 

 

前回のベルリンのコワーキングスペース事情に続いて、今回は実際のコワーキングスペースの紹介です。

 

Unicorn Berlin(ユニコーンベルリン)

 

2016年から開業した、ベルリンのコワーキングスペース。メインはオープンオフィスの賃貸だが、コワーキングスペースとカフェが併設になったスペースも提供している。

 

ここでは、広報担当のニック・ベンヤミン(Benjamin Nick)さんにお話しを伺った。ユニコーンベルリンは、ベルリン市内に4つのスペースを運営している。ここでは、Brunnenstraßeにあるカフェ型のコワーキングスペースを紹介する。

 

こちらのコワーキングスペースの特徴は、土日もオープンしているという点である。お話を伺ったニックさんはベルリナー。そんなニックさんは、「10年前と比べるとベルリンは変化した。でも、ここ4~5年は著しく街が変わって、コワーキングスペースで働くという働き方もかなり定着してきている。」と言う。国際的な都市ベルリンでは、多様な働き方がどんどん受け入れられている。たとえば夏期であれば、親である場合は子供が夏休みなので、カフェも併設されたコワーキングスペースであれば、気軽に子供もつれていくことも出来る。

カウンタースペース。仕事の後にはビールも飲めるところがドイツらしいかも知れない。

 

また、こちらのコワーキングスペースには下の写真のような広大なパーティースペースも設けており、定期的にイベントが開催されている。

 

始めに少し紹介したが、Unicorn Berlinではコワーキングスペースも提供している一方、現在のメイン事業はシェアオフィスの運用だという。

 

 

 

広々として共有スペースで、シェアオフィスで働いている人の総人数は1000人ほどいるそうだ。見学をさせてもらったVoltastraßeのシェアオフィスではレストランやカフェの売れ残り商品を安く購入するためのアプリを提供しているToo Good To GOというスタートアップがフロアのおよそ50%を利用している。

 

このような子供向けコーナーも随所に見受けられる。学校を病気で休む場合など、仕事に子供を連れてくることを誰も不思議に思わないワークカルチャーが定着していることを思わせる。

 

名前 Unicorn Event/Workspace Brunnenviertel

 

住所 Brunnenstraße 64, 13355 Berlin

 

最寄り駅 地下鉄 U8 Bernauer Straßeベルナウアー シュトラーセ 徒歩5

 

     市内電車S    Gesundbrunnenゲズンドブルンネン 徒歩12

 

営業時間 午前   9時~午後7

 

     午前10時~午後6

 

名前 Unicorn Berlin

 

住所 Voltastraße 6, 13355 Wedding

 

最寄り駅 地下鉄 U8 Voltastraße(ヴォルタシュトラーセ)徒歩6

 

営業時間 午前9時~午後7

 

                 (ただしオフィス契約者は24時間利用可能)

 

 

 

次に、イスラエル発のコワーキングスペース事業者であるMindspaceを見学させてもらった。

 

まずは地下鉄駅から歩いてすぐ、ベルリンミッテ区のKrausenstraßeにあるMindspaceへ。

 

こちらでは、マーケティングマネージャーのSandra Winklerさんにお話しを伺った。「ここはアルトバウ様式(古い建築)で、観賞植物がたくさん配置されていて、何よりデザインがとても気に入っています。立地も自慢できるポイントです」と紹介された。天井はガラス張りで、見学をした日は快晴だったので、青い空を眺めることが出来た。こちらのコワーキングスペースではおよそ2000人が働いているそうだ。利用者はスタートアップを始め、フリーランスまで様々。大企業であれば、Yahoo!SAMSUNGなどのテクニカルチームも利用している。Mindspaceでは特に家具にこだわっており、どこを見渡してもオシャレなものばかり。また、コワーキングスペース内に飾ってある絵はアーティストにMindspace専用に制作してもらったもので、世界に1つしかないそうだ。

 

ベロア調のソファ。色も統一されていてオシャレ。

 

Mindspaceのスタッフは基本的にイングリッシュスピーカーで、案内してくださったSandraさんはドイツ人だが、もちろん英語も流暢だ。

 

Mindspaceで仕事をすることのメリットは、受けられるサービスの質が高いことだと思います。何か問題が起きれば、営業時間内であればコミュニティマネージャーが常駐していますので、すぐに解決に取り組みます。彼らはフレンドリーであることを常に心がけていますね。ユーザーはなんでも遠慮なく相談できる雰囲気があります」とのこと。実際にコミュニティマネージャーに挨拶をしてみたら、本当に気さくな人だった。コワーキングスペースの運営を始め、プリンターの故障など日常の問題が起こった際も対応しているとのこと。

 

Mindspaceでは会員向けのアプリを提供しており、イベント情報やコワーキングスペース会員に関する情報を共有できる。たとえば毎週金曜はハッピーアワーイベントが開催された

 

り、ネットワーキングイベントも定期的に開催されている。このようなイベントを行うことで、会員同士のコミュニケーションを促している。当然コミュニティーマネージャー自身もイベントに参加して、会員との交流に努めている。

 

また、こちらのコワーキングスペースも契約者であれば24時間利用可能になっている。ホットデスク・オフィス共に月ごとの更新契約になっており、数か月間のお試しや短期滞在者にも対応している。 

 

KrausenstraßeMindspaceでは「Classmethod (Europe) GmbH」という日系企業が利用しており、そこで働く日本人の伊藤さんにも少しお話しを伺うことが出来た。「Classmethod (Europe) GmbH」ではAWS(アマゾンにより提供されているクラウドサービス)のリセラーを行っている。日本に本社があるが、ベルリンとバンクーバーにも拠点があり、時差を利用した24時間サービスも提供しているそう。伊藤さんは、日本で2年半働いた後にベルリンで働くことになったそうだ。

 

伊藤さんのオフィス内のデコレーション。

 

 

 

伊藤さんの会社のように、コワーキングスペース内にオフィスを借りている会社もたくさんある。伊藤さんはメリットとして、「会社の個室がある反面、共有スペースがあることで、いろんな国籍の人・他業種の人とコミュニケーションが取れたりするのが良いと思います。また、共有キッチンのおかげでドリンクを自社で購入する必要もなく便利です」と言う。

 

名前 Mindspace

 

住所 Krausenstraße 9-10, 10117 Berlin

 

最寄り駅 地下鉄 U6 Stadtmitte(シュタットミッテ)徒歩1

 

営業時間 24時間営業(ただしスタッフ駐在は昼間のみ)

 

 

 

また、別日にChausseestraßeSilicon Alleeの見学にも行ってみた。

 

 

ここでは、マーケティングマネージャーのTravis Toddさんにお話しを伺った。

 

ベルリンのSilicon Alleeの特徴は大きく分けて3つ。1つ目は、コワーキングスペースとオープンオフィスの共存形態であるということだ。従業員がおよそ10人の小さなスタートアップを始め、100人規模のスタートアップまでSilicon Alleeを利用しており、デスクの拡大等に関してSilicon Alleeのサポート体制がしっかりしているということ。2つ目は、シンプルなデザインを採用している点。例えば、先に紹介したMindspaceではすべてのコワーキングスペースでデザイナーによるプロデュース、また家具にもこだわりがあるのに対し、Silicon Alleeではシンプルな汎用製品を採用している。そして最後に、ベルリンでのコワーキングスペースらしく、国際性に特に重点を置いているところだ。コワーキングスペースの従業員だけでも、およそ25か国の異なる国籍から成り立っており、国籍に関係なく働きやすい環境をスタッフからも構築している。

 

Silicon Alleeでも他のコワーキングスペース同様、定期的にイベントが開催されており、毎月のミートアップイベントは有料会員でなくても参加できるという。

 

Chausseestraßeに位置するSilicon Alleeでは現在6階部分でコーリビング(Co-Living、共同生活)スペースとイベントスペースの建設が行われている。

 

場所は最上階で日当たりが良い。また、地下鉄駅からすぐと立地も良く1部屋に最高2人まで入居できる部屋を提供する予定とのこと。期間は最低3か月からで、6か月・12か月と選択できるようにし、価格は1か月1500ユーロからを予定している。

 

名前 Silicon Allee Campus

 

住所 Chausseestraße 19, 10115 Berlin

 

最寄り駅 地下鉄 U6 Naturkundemuseum(ナトゥアクンデムゼウム)徒歩1

 

営業時間 24時間営業(ただしスタッフ駐在は昼間のみ)

 

いかがでしたか?2部にわたり、ベルリンのコワーキングスペースをご紹介させていただき

 

ました。もっと知りたい!ということがある場合は、bistreamまでどうぞ何なりとご質問をお寄せ下さい。